…愛は…砂…

 






子供のころ…砂場で遊んでるときに
ふるいに砂をいれて…



ふるいにかけるの…
ふるいに残る小石



ふるいの下のバケツには
きれいな砂が残るの…



それを繰り返して…
きれいな砂を集めたの…



ふたつきのガラスの空ビン
家から探してこっそり持ってきて



ガラスの空ビンに
その砂をいれて大事に
家へ持ち帰ったの……



私…それを大切にしていたの


きっと私が自分の手で
生み出したものだったから
大切にしたかったのかもしれない



愛は…砂のよう……


好きになり…喜びが生まれたり
ぶつかったり泣いたり
苦しんだり…しながら


繰り返しそうして…ふるいに…
かけているうちに


きれいな…愛が…砂…みたいに…
さらさらと生まれてるの…




私ね…あなたの背中を押したり
あなたから見守られてる…自分が好き……


  


遠く離れていても
いくつも試練を与えられて 


神さまから試されて…ふるい(選抜)に
かけられてるとしても


私たちなら…大丈夫…よ
あなたも大丈夫ってわかってるでしょう




喧嘩別れ?
あなたが私に嫌気をさして
離れている状況…の今でさえ…


もう数えて…三回…は繰り返してる
だけど…
大丈夫って感じてるの…


あなたが正しい選択をしようと
いい加減…
私をふるいに…かけたかもしれない…


…あなたが私から
離れようと決める度に


私に許してね…傷つかないでね…って
思ってるように感じるの



そう優しく思ってくれてる限り…
あなたは私の手を離さないわ




あなたは…私がいないと駄目…



きっとそれを…あなたはもう…わかってる…



私を選ぶ覚悟と私を失う覚悟


あなたに重い覚悟になるのは
わかってるけれど


私にも覚悟がいること



だってあなた…
わたしに出逢ってしまったから


もう出逢う前には戻れないの……


私がそうなのとおなじように…



私たち…互いを離れて失えば…
生きる喜びと強さに満ちる自分が
もうなくなってしまうの…


だから…二人とも…生きる屍になる
残りの人生は…きっと無意味になる…



私はあなたを愛する覚悟…最初から決めてる…






画像  作 いわさきちひろ




最後までありがとうございました
画像感謝してお借りしています

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。