いつかあなたに…






いつの間にか…あなたとふたりで
歩いていたような気がしていたの


だけど真実はたぶん…あなたがはじめに
私を見つけてくれて自分の花園を眺めて 


いつものように見守りながら歩いている時に
たまたま目にして見つけてくれたんだから


私だけじゃなくて…
あなたが育ててる花はたくさん他にももちろん


あるはずだから…うぬぼれてはいけないって
本当はわかってるの…


だけどやっぱり…お気に入りだけじゃなくて
いつかあなたに愛されたい…


愛の世界で二人であなたとの花園を
育てるお手伝いをしたいから…


たくさんの美しい花をいつも咲かせたい…
二人で手をとりあって協力しあえたら嬉しいの


未来にあなたと二人で希望の花を咲かせたい…



 


  …愛の遺産をたくさん…この世界に残したい…










最後まで読んでいただき
ありがとうございます
画像感謝してお借りしています





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。