ご近所さんから…進めたい… 


同じマンションの同じフロアに…



たまたま住みはじめた…みたいな関係性…

そんな感じね私たち……違う?



顔馴染みの人ばかりで行ったり来たり…

安心感が得られて…楽しさもわかってきたわ





私もこの関係性…落ち着くから

嫌じゃないけど…



このままの関係性の中の二人を

ずっと維持したい…ってあなたは考えるの?



確かに…前に比べたら…

まわりの目は気にならなくなった様な…?



でも…別の角度から見れば…

あなたとご近所さんとの親しげな関係性…

気にならないって言ったら…嘘になる…


 


わたし"お友だち"…なんて…嫌なの

ずっとは…嫌だわ…

一人の女として…あなたに向きあいたいの…





…ときには…近すぎて

喧嘩と背中合わせだとしても……

 


もっとあなたに…近づきたい…親しくなりたい



もうこの関係性の重さに耐える

心の準備はできてきたの…



私だって…覚悟決めてる…

あなたに…気持ち伝えて…関係性進めたい…



頬やおでこに軽いキスくらいの関係じゃ…

物足りない感じなの…



よくよく考えたら

頬やおでこ迄も到達してない…


あなたに頭をポンポン…してもらう

段階にさえ至ってない気がするわ…


…そうでしょう?



同じマンションの廊下ですれ違ったり

エレベーターに

たまたま乗り合わせた際に…



『…おはようございます…』(あなた)


『…おはようございます…

  …いまからお仕事ですか…?』(私)



…みたいな

ご近所さんのやり取りぐらいな感じなの…



『…美味しいケーキを買ったから…

     …一緒に…食べませんか?』(私)


『…いいんですか?…嬉しいな…』(あなた)



せめて…これくらいのやり取り…

できる様な関係性…目指したいの…

 


だから…ご近所さんから…進めたい…



今のままじゃ…あなたに…絡めない



あなたをずっとチェックして

あなたが部屋を出るタイミング狙って


あなたの目の前で

ハンカチ…落としてみたり…


『…あっ…』(私)



『…ハンカチ…落としましたよ?』(あなた)



みたいな…アクションすら…できないの…




今のままだと

ただお互いに…何も言わず…微笑みながら



毎日…見つめあっているだけみたいな感じ…



ちゃんとあなたに気持ち伝えて…

恋人になって…ハグくらい…そろそろしたい



…主導権…握っているのは…あなただって

そんなこと…最初からわかってるわ…




最近…気がついたんだけど…

あなたと私…からだにも…共通点あるの…



…たぶん…あなたの唇の感触…



…私と同じ…感触なの…






『…言いたい事…わかったけど…

     …同じ感触って…何…?』(あなた)




『…やっぱり…気になるでしょ…

  …同じって…唇のやわらかさの事…』(私)

  


 …ちゃんと考えてみてね…あなた… 

    

             


 











最後まで読んでいただき

ありがとうございます

画像感謝してお借りしています

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。