…あなたとしたい…

本当は…あなたに会って…話したかった…

 だけど…なかなか…進展しないし…



あなたは…私の事…もしかしたら

友達にしたいのかなって…思えてきて

  


あなたは…何も接触してこない

あなたにもう確かめようがないから…

   


 …私も…本音を言いたいの…



『…私…若くないわ…それは前々から

  あなたにも…幾度か伝えてきたの…』



『…私ね…それでもあなたに今まで…

  …本音や年齢の事…話してなかったわ…』



『…率直に…言えば…』





『…私ね…まだ…"女"を終えたくないの…

   …だから…セックスは必要…なの…』

 


『…でも私は…好きなあなたとしたい…』



 あなたが…私と付き合いたくないとか…

 年齢差だとか…無理だと思うなら……

 私と結婚したくないならば…関係ない話よ…



 だけどもし可能性があるなら…って考えて



『…いざ…あなたの赤ちゃんが欲しくても

 …年齢的に急がないとできなくなるの…』




その辺のリアルな問題があるから… 

だから…私…焦ってただけなの…


      

だから…そろそろ考えてみて…

もちろん残念ながら…

私では…駄目なら…仕方がないの…



『…話…変えるね…』



…私…最近…本を読んでいないの…

   "読んでみたい本"の話…したい…


 


『ソーシャルメディア四半世紀』

 著者 佐々木 裕一



…この本…よかったら…読んでみて…


 

……この本読んだら…私が…あなたを…

  …どれだけ…待ったか…わかるわ…





最後まで読んでいただき

ありがとうございます

画像感謝してお借りしています

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。