…恥も外聞もなく…

 





『…はやく…一つになりたいな…』(私)

     

『…一緒になって…愛を育てよう…』(あなた)





私の大切なあなた…



あなたに…もう少し待ってもらえる…?って

ずっとお願いしてたけど…


 

ようやく私…軌道に乗れたような気がする

いい流れに向かってる気がするの…



わたしね…あなたの愛のなかに…

ここ最近ずっと…漂っているような…

感じがしている…

 


あなたが…愛を満たしてくれたから

つぎは私があなたを潤す…番…



だから…恥も外聞もなく…

 


ついに…あなたに再会したら…まずは…



私から…あなたに愛をちゃんと伝えたいの

だって…私からあなたを好きになったから

 


だから…ちゃんと私の言葉を聞いていて



もしかしたら…私…感極まって

…涙が溢れるかも…しれない…けど…



ちゃんと…私の一語一句…聞き逃さないで

あなたの心に深く受けとめてほしいの



それから…月並みだけど…

恋人らしいことしてみたい…してもいい?

って…聞いてみたい



いままで…妄想だけで

できなかったこと…たくさん…あるでしょ



まずは…あなたの近くに座って

至近距離に…わたしが座るとして…


だっていつも…遠く離れているから…


それから時間がたって…二人馴染んできたら

…じゃれたり…触れたり…声を聞いたり



"あなた"を…たくさん見つけて切りとりたい…

 

手探りでなかなか見えなかった愛の手がかり



一つ一つ…確かめながら…

…あなたと心を通わせてみたいの… 






 『…順調にいってる?元気出してね…』(私)


 画 レイモン・ペイネ

   

 『…油断しちゃいけないけど

    …もう大丈夫そうだよ…』(あなた)










最後まで読んでいただき

ありがとうございます

画像感謝してお借りしています

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。