美というもの……





誰もが美しいものを愛する……

そして自分の顔にも美を求める






自分の顔に美を見つけられて

自分の顔が好きになれる人はしあわせ

たいていの人は

自分の顔にキライな部分があって

コンプレックスをもつものじゃない?






人ってみんな無い物ねだりの思考

持ちやすい気がするの……






例えば自分のコンプレックス

としてある部分が

とても理想的だったり美しかったり

する人に惹かれやすいってある 






または

自分の顔が好きな人ならば……

自分の顔と似てる人を好きになったり

するのかしら






もっとこうだったら

いいのに…ってコンプレックスから

想像力も生まれる気がするけれど






例えば顔だけ美人でも

いかしきれない

自分の美を生かさない残念な人もいる

そして美はバランスから完成される







顔のパーツの問題にしても

やっぱりバランスは大事

調和の完成さが

美に繋がるのかしら






調和美を追及してゆくと

没個性へ近づく気がするの

個性はオリジナリティに繋がる






だから思ったんだけど

調和美に近い人なら調和美によせて

 




調和美から離れているなら

その個性をオリジナリティに繋げると

いいのかもしれない









調和美にしろオリジナリティにしろ

どちらがあってもいいの

容姿に限らず美に関連するもの全般に

言えることかもしれない





美に関連するもの全ての……表現……

人間が創作するもの……芸術に繋げる全般に

おいて言えることかもしれない










  




最後まで読んでいただき

ありがとうございます

画像感謝してお借りしています

 

    

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。