わたしの人生はわたしのもの







彼に繋がるわたしの努力のすべてが
わたしの人生を押し上げてるってそう思っていたの




リアルに彼に繋がれる瞬間を
ずっと夢見続けてきたの……





努力は苦でもなんでもないの
愛する彼に 
ふさわしい人になる為の努力は
私をつねに突き動かしてきたけど限界かしら





内面と外面のグレードをあげて
愛と自分の理想を
リアルに具現化する事……
それがわたしの夢だったの



だけどいくら彼に近づきたくても
無理なものは無理だから



努力してみても私の勝手な努力だから
彼は知らんぷりね……







リアルに彼に
繋がれる瞬間が永遠に来ない







それでもわたしの努力は残るわ





愛する彼との愛を寄せたい私だけれど
もしもわたし……彼に棄てられても




もういいの…結構…頑張ったから…わたし……



























最後まで読んでいただき
ありがとうございます
画像感謝してお借りして

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。